BMW

ランフラットタイヤ

多くのBMWに採用されており、パンクしても一定距離を走れる構造をもつタイヤ。スペアタイヤを積む必要がなく、パンクしても安全なところまで移動できるなどのメリットがあります。その一方、タイヤの構造(サイドウォールなど)が強化されているため、乗り心地にしなやかさが欠け、重量が重いといった大きなデメリットも持ち合わせています。軽快なアシさばきが求められるMモデルには非ランフラットのラジアルタイヤが装着されています。