• TOP
  • スタディカンパニーマーク

スタディカンパニーマーク

ご希望のお客様に♪ Studieの印を愛車にペタリ...

1995年、横浜に1号店を構えるとほぼ同時に横浜を代表する世界のアーティストRoccoサトシ氏にカンパニー・マークの作品を依頼。Studieの目指すコンセプトを伝え、そして氏がイメージし閃いたデザインはコレでした。氏曰く…

  • 渦巻きが躍動感とメカニカルを主張し、
  • 稲妻がIDEAとACTIONを連想し、
  • 大きなWINGがFUTUREとSPEEDを表現している

との弁でした。これら全てStudie!これが我々のカンパニーマークです!

Studieステッカー

Studieのお客様の印

サイドマーカー上の「+Studie-」ステッカーや、かわいいカンパニーマークステッカーが、弊社の一つの象徴になっています。

そのキッカケになることは不思議なほどハッキリ覚えていて、1995年の10月、スタディオープンから2週間くらい経ったころだったと思います。ミウラさんというお客様と、モリさんというそのお友達の方から「お店のステッカー貼って下さいよ!」って言われて、「じゃあ ココにッ!」と何気なくサイドマーカーの上に貼らせてもらったのが最初です。

意外とスワリがいいなってことで、その後うちのデモカーにもペタリ。お客様のBMWも含め、もう何枚貼ったのかは残念ながら記録がないです。でも相当貼らせて頂きました。2万枚とか3万枚とかの数だと思います、きっと。

そうこうしているうちに「貼って下さい!」「欲しいんですけど!」と言っていただける方が増えてきたのですが、売ることは最初から一切考えていませんでした。うちでパーツ買ってくれたお客様、メンテナンスにちょくちょく入れて下さるお客様に「うちのお客様だよッ!」、逆にお客様側からも「僕のメインファクトリーだよッ!」って相思相愛の印にペタッと貼るのが主旨であり、それは今も変わっていません。

その後「Studie’s Studie」や「Studie GmbH」「Studie R@cing」「Studie AG」など、バリエーションが増えましたが、これまたすべて非売品であり、お客様とのコミュニケーションの距離に応じて差し上げています。いやらしく聞こえるかもしれませんが、通って、通って、通って頂いて初めて見えてくるものがあっていいと思っています。それが専門店ですからッ(^_-)。何でもお金で買えちゃうのも面白くないし、そういうのを大切にしたいし。個人的にとってもステッカーが好きで、エンブレムが嫌い(笑)。新車が納車になるとMだろうが何だろうが、まずエンブレムを外してステッカーを貼る。ステッカーって気に入らなかったら剥がして、また違うのを貼ればいいッ!っていう、カジュアル感がとっても好きなんです。