• TOP
  • ITEMS
  • [ブランド紹介] LIGHTWEIGHT Performance...

[ブランド紹介] LIGHTWEIGHT Performance(ライトウエイトパフォーマンス)

断然取り入れたいジャーマンブランド

ITEMブランド紹介
  • 商品名
  • [ブランド紹介] LIGHTWEIGHT Performance(ライトウエイトパフォーマンス)
  • 対応車種
  • 1シリーズ-F20(2代目)ハッチバック3シリーズ-F80 M33シリーズ-G20(7代目)セダン4シリーズ-F32(初代)クーペ4シリーズ-F33(初代)カブリオレ4シリーズ-F36(初代)グランクーペ4シリーズ-F82 M41シリーズ-F40(3代目)ハッチバック2シリーズ-F22(初代)クーペ2シリーズ-F23(初代)カブリオレ2シリーズ-F87 M2Xシリーズ-F26 X4(初代)Zシリーズ-G29 Z4(3代目)
  • ブランド
  • LIGHTWEIGHT Performance(ライトウエイトパフォーマンス)

ストリートからサーキットトラックまで。本国ドイツで実践を元に製作された、最高品質のアイテムを発信するライトウエイトパフォーマンス。幅広いBMWユーザーに満足いただけるようなパッションあふれる新しいアイテムも続々とラインアップしてきます。

もちろん街からサーキットに至る多くのテストを経てTÜV承認されたアイテムが揃います。高強度PE素材のリップにCarbon製パーツ。そしてチタンという最高レベルの素材を生かして今後も魅力的なパーツが出てきますのでご期待下さい!

“STOP FOLLOWING – TAKE THE LEAD “

LIGHTWEIGHT Performanceのモットーです。

LIGHTWEIGHT Performanceは革新的なテクノロジーと最高レベルの精密なクラフトマンシップを象徴してきました。競争の激しい市場で生き残るためには、一貫性、顧客満足度、自社製品の品質が絶対的に優先されなければなりません。

そのためには、真のビジョン、優れたアイデア、技術力、手先の器用さ、そして重要なことですが、十分なスタミナと忍耐力が必要です。

 

彼らのアイデアが全て実現出来るとは限りません。開発結果は必ずしも満足のいくものではなく、お客様に還元できるものではありません。

しかし、LIGHTWEIGHT Performanceはアイデアをお客様へ還元する事を目標として開発を続けています。
そして全てのアイテムは発売前にサーキットとストリートで徹底的にテストされ、TÜVによって承認されています。

 

ハイテク製品の取り扱いには細心の注意と専門知識が必要なため、自社部品の開発・製造のノウハウは最高レベルの個性を表現することが可能です。

業界紙に掲載された独自のテスト・レポートでは、LIGHTWEIGHT製品で最適化されたBMW車が、シリーズの対応車や競合他社の同等車よりも大幅に優れた結果を達成していることが確認されています。

 

BMWの最適化された車両を扱ってきた私たちの長年の経験と能力は、日々彼らを刺激し新しい革新的なアイデアを実行し、お客様のご要望にさらに的確にお応えするモチベーションを与えてくれます。

LIGHTWEIGHTファミリーとBMWの魅力的な世界の一員になりませんか?

 

LIGHTWEIGHT Performanceの歴史

“Fastest Lapの実現と成功の方法”

2010年

2010年7月にE46 M3用の最初のチタン製エギゾーストシステムの製作を開始。
BMW M3 E46 CSLでエッセンフェアへ出展。

2011年

BMW1シリーズMクーペを初のLIGHTWEIGHTコンプリートカーとして発表。
最適化されたLIGHTWEIGHTクーペは、たちまち大きな反響を呼んだ。

12月のエッセン・モーターショーでは、クラブ・スポーツ・バリエーションとして発表。

2012年

Autobild SportscarsにPlaymobilという名前でレポートが掲載。

LIGHTWEIGHTチューニングを施した1シリーズMクーペをテストし、市販車と比較。
結論は「チューニングのあるべき姿」

2012年は、LIGHTWEIGHT Performanceで最初のフロントリップスポイラーが誕生した年でもある。

2013年

LIGHTWEIGHTは加速する!ということがはっきりした一年。

BMW F21 M135iをベースにしたAutobild Sportscarsの比較テストでは、DTMやMOTO GPでも使用されているザクセンリンクで1分37秒85という最速ラップタイムを達成。

2014年

開発パートナーであるBILSTEINとのつながりが深まり、BMW F32 435iのプロジェクト車両を共同で開発。

速さと快適さは、今日でもLIGHTWEIGHTの象徴となっている。

2015年

BMW F82 M4の開発を開始。
LIGHTWEIGHTの完璧な基礎を生み出した。

ザクセンリンクで1分32秒98というBMW最速記録を打ち立て、素晴らしいドライビングマシンを作り上げる。

2016年

2015年の記録には満足はせず、改良が必要と考えていた。
最終的にはLW M4をさらに2.49秒速くし、1分30秒49というタイムで「ザクセンリンク最速のBMW」の称号を再び手に入れる。

2017年

ザクセンリンクでBMWを1分30秒台で走らせるという目標に触発され、当時まだBMWの市販車へは搭載されていなかったS55エンジンを搭載したM2を作り上げる。
S55エンジンを搭載し、市販差の状態から200キロの過激なスリム化を実現したCSRが誕生。

2018年

SUVを最適化しても意味がない?

それは間違っている。参考タイム1分51秒23を記録したAudi Q7 V12 TDTに対して、BMW F26 X4 35dは、LIGHTWEIGHTのおかげで8.54秒タイムを縮め、ザクセンリンクでSUV最速記録を樹立。

2019年

ショールームを現在の場所へ移転。

排気システム構築というテーマが拡大され、有名メーカーとの共同開発により独自の製品群が生み出された。ショールームを備えた新しい本社の建設と絶対的な最先端の設計と清潔な作業環境で、BMWの車両がメンテナンス、チューニングされている。常にパフォーマンスアップを見据えて。

2020年

多くの人にとっては期待はずれでもLIGHTWEIGHTにとっては実力発揮のチャンス でもある。
BMWのF40 M135iは、F20/F21 M140iがもたらした期待に応えられないままだったが、ある “仕掛け “と “ノウハウ “が役に立ち素晴らしいパフォーマンスを発揮するように。

2021年

BMW F87 M2コンペティションが生産終了となり、ひとつの時代が終わりを告げる。
そこでLIGHTWEIGHTは、「今、何が起こっているのか」を示すために、FINALE EDITIONを制作。
このクルマの熱狂ぶりは凄まじく。1/18のモデルカーも発売されるほどだ。

2022年

BMWが新たに生み出した 新型G80 M3 / G82 M4は武器になった。

しかし、LIGHTWEIGHTはこの車を最適化するために、まだいくつかの調整をしてる。
まだ製品ラインアップは完全ではありませんが、私たちは熱い情熱で調整、最適化に取り組んでいる。